[Archive] January 2011

2011-01-31-08.jpg銀座でゆったりとしたくなりますと立ち寄るところ。

この日はお煎茶をゆっくりといただきました。

そぎ落とされた静かな空間の中で、ただお茶を頂くことだけに意識を向けられます贅沢な時間。

しんと静まり返った空気を、お湯を沸かすかすかな音だけが流れ行きます。

''ゆき''と名のつくお菓子を頂きましたら、ちらちらと雪が舞い始めました。

2011-01-31-06.jpgご縁というものは、時に不思議です。

私は時々、一見何の繋がりもなさそうな方を雑誌や何かで拝見した時点で''この方とはお友達になっていくかも''というようようなことを感じることがあります。そしてその予感は本当にそのようになっていくのでいつもワクワク致します。

松田美緒さん(世界でご活躍の歌姫です)ともそのような私の予感がどんどん繋がり、とても不思議な出逢いでした。

この日はチャヤでマクロのディナーをご一緒しながらおしゃべりに花が・・^^

私の名の由来でもある、京都''妙心寺''のすぐそばが美緒さんのご実家であられたり、今の彼女のお住まい辺りに学生の頃私が住んでいたりと、色々お話も展開し楽しいのです。

 

美緒さんとお話をしておりますと''すべては流れるままに''と思えてまいります。色々なことには無駄なことなど一つもなく、自分の魂が澄んでいくようになっているような気がしてくるのです。

美緒さん、楽しかったわね~❤ ありがとうございました!

そして、やはり美緒さんはジプシーでした^^

 

2011-01-31-05.jpgチャヤのお料理は本当にどれも美味しいです。

美緒さんも私も大層な量をいただきました^^

 

 

 

 

 

 

 

2011-01-31-07.jpg 

前菜にスープ(とても美味しくて2人でため息・・)にメインと沢山頂きましても、デザートは別・・❤

穀物コーヒーもノンカフェインで大好きです。

2011-01-28-02.jpg本日のランチ

小豆の玄米ごはん

かぼちゃ・人参・蓮根のソテーオレンジソースかけ

高野豆腐とキャベツのホワイトクリーム煮

天然酵母パン

 

 

シンプルなお料理はシンプルな思考を連れて来てくれます。

玄米のように何も省かず丸ごと頂くことで、自分のことも丸ごと受け入れられるようになるようです・・なんてステキ^^だって、私たちは自分にはつい頑張らせてしまったりしませんか?そして周りの人が、それを映しだしてくれているとは気づきもしないでいるのですから・・笑ってしまいますね(*^_^*)

シンプルなお食事が、シンプルな心と身体をつくり、シンプルな思考に繋がっていき、シンプルな未来の自分を連れてくる。

そんな自分は、きっと人や物へのとらわれや執着がなく、決めつけもなく、流れる雲を眺めているような感じで全てを見ることができるような気がいたします^^

そんな自分を味わいたく、時々思い出してはこのようなお料理をいただきます。

こんがらがって思えていたことが、スルスルと気持ち良い程ほどけていくのが分かりますよ。

 

 

2011-01-28-01.jpg明るいテラスのサロンできれいな色のフルーツティーをいただきました。

こちらはドライフルーツを煮出したもので初めていただきましたがとても美味しかったです。添えて頂きまた煮出した後のフルーツもほんのりとした甘さで、家でも時々頂きたくなり購入してみようかと思います。

暖かな陽の差すサロンでゆったりとお茶を頂き至福のお時間でした。

リコさまごちそうさまでございました。

 

2010-12-03-02.JPG夜ゆっくり家にいられる時間は貴重です。

そんな時間に恵まれた日は

まわりの全てを心地良く整えて

リラックスできる音に包まれ

フラワーエッセンスの香りを楽しみます

 

世の殿方はご存知ないでしょうけれど女性なんていうものは簡単なもので、肌に柔らかなものと、高貴な香りと、''安心できる言葉''さえ与えてもらえれば生きていけるのです・・❤・・あ、あと甘やかなスイーツ

Concert146.jpg1月9日 会津にてイタリア人フォトグラファーFlavio氏に撮影頂きました''朱雀''

Flavioさんの映し出す世界

美しいです

 

 

 

 

 

Katsu005.jpg篠笛 三上勝司

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Masa022.jpg津軽三味線 遠藤昌宏

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Yu082.jpg篠笛・和太鼓 工藤雄一

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Suzaku009.jpg北の果てより南方目指し

慶びの音を放つ

''朱雀''

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Suzaku+Taeko1.jpg''朱雀''とともに

006.JPG先日ふとした瞬間にいきなり身体の中から旋律が流れてきました。それは何かずっと抑制していたものが溢れてきたような不思議な感覚でした。

一つの旋律は、また別の旋律を連れて来てみるみる間に''曲''というものに繋がっていきました。何かに向かいたくて仕方なかった思いのようなものがどんどん流れ出していき、そのうちに一つ一つの鍵盤の音が正されていく調律のように、心も落ち着くべき所へと治まっていきました。こんな風に''安らかな気''の場所へ自分をいざなう為に、幼いころから音楽や踊りというものに関わり外に表してきたのかもしれません。内なるものと''自分''と思えるものの折り合いをつける為に・・

こんな不思議な感じに出てきた曲を、ある方にお聴き頂き褒めていただきました^^この曲はさらに膨らみを持って音を奏でていく気がいたします。

 

 

2011-01-23-02.jpg親戚のイケメンくんと久方ぶりのディナー^^

彼の審美眼はなかなかのもので、私は子どもの頃から一目置いておりました。特に美術に対する才能は嫉妬してしまうほどで、いつも話題は''美''に対することなど興味は尽きません。

この日のお食事でも、私達ときましたら''色''に対しての反応が顕著に表れ面白いほどでした。お料理の一つ一つに子どもの様に反応する私に彼曰く「感性が豊かなことは素敵なことだと思うよ」と有り難い一言。

 

 

2011-01-23-04.jpg前菜からデザートまで驚くほど量のお料理を、ゆっくりと談笑とともに頂きました。

本日のベストカラーは、デザートに添えられました真っ赤なスプーン^^

美味しいお料理と、色々なことを語り合えた事に感謝いたします。

 

 

2011-01-20-06.jpg真夜中に外から差し込む明りにさそわれてベランダに出てみましたら・・

煌々とした月が

冬の澄んだ空気の中

どこまでも届くほどの光のつよさ

月のもと

遠き方の無事を祈る

2011-01-20-05.jpg会津はいま辺り一面真っ白です。

でも、行きつけのお花屋さんには春らしいお花が沢山で幸せな気持ちになります。いつもフラワーデザイナーのYamaguchiさんにその時の気分をお伝えし素敵にお花をみつくろって頂きます。この日はバラにチューリップにスイートピーをセレクトして頂きました。ピンクの濃淡がとてもキレイで、ほのかな香りも品よく好ましいのです。

これからどんどん春らしいお花を見られると思いますと嬉しく待ち遠しいです。

先にちょっとした''お楽しみ''があることは、豊かな時間を感じさせてくれますね❤

2011-01-20-02.jpgお楽しみのパスタをお作りいただきました^^

''ほうれん草とイカ''という初めてのお味に思わずヤラレてしまいました。美味しすぎなのです。

一口いただくごとにニコニコと笑顔になっていきます。本当に人はシンプルなもので心地良いことには簡単に笑顔になり、心地良くないことには・・そのような顔になるものです。そして、美味しいものは一瞬にして人を幸せにしてくれます❤心も身体もニコニコになれました^^美味しいパスタをありがとうございました。

 

FH000001.JPGいい写真は、その時の空気感まで彷彿させる力があります。この写真を見せられた時、改めて「夜会」の日の高鳴る胸の内を体現致しました・・❤

すべてが美しく感じられ、この日のことは後世私の心に残ると思います。

 

 

 

 

FH000002.JPG昨年会津での''朱雀''お披露目の時にも着ました朱赤の着物の鳳凰の画。

皆さまに佳きことの訪れますように・・という想いを込めて。

 

 

 

 

 

 

FH000007.JPG

まるで映画のワンシーンのような一場面。

''朱雀''の演奏には必ず持って参ります、父の龍神の画に守られて。

 

 

 

 

 

  FH000022.JPG想いの込められたものは必ずや人の心に響きます・・。

嬉しき調べに感謝の念。

2010120515270000.jpg ゆきは しろい

ゆきは つめたく かるく

ふんわり そらから おりてきて

まぶしく 

ちいさな ほしや すいしょうのように

きらめいている

 

ゆきは つんと つめたい

ゆきは そっと とけていく

 

でも ゆきにとって たいせつなのは

いつも かわらず しろい ということ

 

  マーガレット・ワイズ・ブラウン作

 

日が差し込みキラキラと輝く雪の景色を眺めながら、どこまでも暖かいカフェで久しぶりにゆったりとした時間の中素敵な詩に出逢いました。

この詩のあまりにシンプルで、あまりに当たり前のことに心が解きほぐされていくようでした。

本当に大切なことは、自分のシンプルな心が全て承知している気がいたします。

それに耳を傾けてみると、どんどんいらないことが流れ出し本当の自分の想いが見えてくるようです。

 

たいせつなことは わけもなく わきあがるかんじょうを ただ あじわうこと・・

シンプルに だれかを すき とか

 

 

 

 

2011-01-09-03.JPG終演後、後援会長・宮澤氏にお撮り頂きました一枚。

 

何とも言えない解放感。

 

おいで頂きました皆さまありがとうございました。素晴らしいお写真をお撮り下さいましたFlavioさんに心より感謝申し上げます。

皆さまの2011年の御多幸を祈念致します。

2011-01-09-02.JPG会津の会洲一蔵(瑞祥館)にて

津軽の和楽器ユニット''朱雀''の演奏会

「夜会」 淑気満つ

 

津軽三味線 遠藤昌宏

篠笛・和太鼓 工藤雄一

篠笛      三上勝司

 

 

 

 

 

 

 

2011-01-09-01.JPG放たれし音は

誰かに向けられた時はじめて

一筋の強い''想い''となって

響き舞う

 

その響きを向かい入れるものには

覚悟あり

 

 

 

004.JPG

イタリア人写真家Flavio氏に撮影頂く''朱雀''

(氏の作品を見られる日を楽しみにしております)

 

 

2011-01-07-01.jpg''淑気''

天と地に満ち満ちる慶びの気

年の初めにはいつもこの''淑気''という言葉に触れたくなります。

新たなる年の静謐なる気配の中に、満ち満ちる新たなる''気''

それはどこか凛とした佇まいを持ち、またどこかには華やかな香りを纏った気配。

そのなんとも悦ばしい''気''というものは新たな年が作りだすものでも、誰かに頂くものでもなく自らが感じられる心があるかどうか・・というもののように感じます。時々は難しいこともありますが、私も感じたものに素直に向き合い真摯に受け入れられる自分でありたいです。

 

御年賀状で沢山の方から''ブログ拝見しています。''と言って頂き、お恥ずかしくも嬉しいかぎりです❤

皆さまの1年が素晴らしいものでありますように・・。

 

Archives

Photos

  • 2011-01-31-08.jpg
  • 2011-01-31-07.jpg
  • 2011-01-31-05.jpg
  • 2011-01-31-06.jpg
  • 2011-01-28-02.jpg
  • 2011-01-28-01.jpg
  • 2010-12-03-02.JPG