[Archive] March 2010

2009-10-08-03.JPGのサムネール画像ブルームーンと呼ばれる月を見ました。ひと月に二度ある満月を言い思いを叶えてくれるのだそうです。こうして遠い昔から艶々とした光を変わらず放っているのですものね・・。何だかそんなやわらかな光を受けますと、全ては大丈夫な気になれます。私たちはいつでも自分の思いの通りにならないことに悲しくなったり、苛立ちを覚えたりします。でも少しそのことから距離を置いてながめてみますと、悲しく感じたり苛立ちにしたりしているのは自分の思いにすぎないことに気付きます。例えばメールのお返事が無かったりすると心配になったり、果ては相手を責めるような気持ちになったり。相手は特に意味はなくメールを返し忘れただけかもしれませんのに・・。そんな時少し自分を掘り下げていきますと''不安''や''恐れ''というものが体の中に居座っていたりします。それは相手に受け入れられないのではないか・・ということへの''不安''や''恐れ''。でもそこには自分に必要な気付きが隠されていることが分かりますと、少しずつではありますが心は楽になる気が致します。憧れの方に以前「感情を味わうように。」と言われたことがあります。悲しい気持ち、苛立つ気持ち、嬉しい気持ち・・全てを無邪気に感じてみるようにと。月をながめながらそんな事を思い出しました。

2010-03-28-01.JPG焼きたてのパンの匂いには幸せな時間が・・・近ごろの家でのランチにはよく焼きたてのパンをいただきます。ママさんがパン作りに凝りだしましたので・・(とは申しましてもスイッチ一つでお気軽に出来るのですが^^)そしてこれがなかなか美味しいのでびっくり致しました。しかも天然酵母やてんさい糖、全粒粉で出来てしまいますので嬉しい限りでございます。パン生地を手でこね、発酵する時間をともにすれば、出来あがりもお味も果てはエネルギーまで違ってしまうものですが、お遊び感覚でこれもまた楽しくてよろしいかと・・。焼きたてのパンには手作りのジャムが合いますので、桜の頃には桜の香るジャムを作ろうかと思います。

 

(ホームベーカリーは パナソニックのSDシリーズ最新型です)

2010-03-27-02.JPG年を重ねるごとに身の周りのものが淘汰されシンプルになれたらと思います。本当に好むものとは実はそんなに多くはないように感じます。自分も含め色々な方の好みの型を見ておりますと、わりと小さな頃好きだと感じたようなものに由来することが多いと気がつきますがいかがでしょう・・?私の場合祖母の影響がとても大きいです。祖母の身につけておりました着物の柄や香水の瓶、ビーズの施れたバッグなどは私も好んで選びます。そしてそういうものは何度持ち物を手放しても残るのです。三つ子の魂と言いますように、小さなうちに見聞きし触れたものはその後の人生に色濃く残っていくのだと思うのです。祖母はいつでも物の値段にかかわらず、本当に心が求めるものを身の傍に置いた人でした。高価なものからお気に入りの鉛筆一本にいたるまでどれも大切にしておりました。物があり過ぎない空間の中で、大切に扱われます物はひときは輝きます。そういう縁ある物とは長くともに居たいと思います。物をを慈しむとは、このようにシンプルなことかもしれません。

2010-03-25-03.JPG白ワインとオリーブの香りのするパスタをいただきました。それもイタリアンのレストランではなくケーキ屋さんで・・。初めて味わうその不思議に調和したお味の中、トマトの甘さが際立って美味でございました。以前からお目にかかりたかった方々と尽きないおしゃべりと美味しいお料理。色々と日頃楽しんでいる事やときめくものなどをお話するのは本当に楽しいです^^大人の女性なのに、心惹かれる方の事などお話になられるご様子は少女のようでチャーミングです。お二人ともVОⅩRAYの大ファンでいらっしゃいますので、夏に向けまたライブをプロデュースさせていただこうと思います。食後のデザートにココナッツの香るムースをいただき、気分は夏に向かってしまいました。(春には''朱雀''の桜の宴がありますのも、しっかりとお伝えしつつ^^)

2010-03-22-01.JPG春の香りのします''ふきのとう''をいただき''ふき味噌''を作りました。ほろ苦い味は大人だけの贅沢のように思えます。プチプチと良い感じの食感の玄米をバジルオイルで炒め、ふき味噌とともに召しあがってみて下さい。なんとも美味なのですから・・^^バジルオイルは昨年友人にいただきましたバジルをオイルに漬け込んだものです。付け合わせには、蓮根や南瓜などの温野菜に黒ごまドレッシングをかけたものや、天然の梅干し。切干大根と桜エビのスープを添えて、デザートは桜の風味の杏仁豆腐をいただきました。桜の絵付けのされました器たちに、春の香のしますお料理が並びました。

2010-03-22-02.JPGのサムネール画像もうこれ以上耳にしてしまうと、全が蘇ってしまうからやめてほしい・・と思う音に出逢うことがあります。そう感じながらも触れずにいられないもの。尺八奏者・き乃はち氏の天空を駆け巡る龍のような音、それは哀しき瞳でこちらを見据え、でも温かなものを纏いながらどこまでも果てなく舞うのです。

道行くひとの袂から伽羅の匂いがこぼれ出し思わず振り向くと、八坂の塔の上方に満ち満ちた月が現れました。煌々と照るその光に(愛しい方とともに眺めた月から何度めの満月になるのでしょう・・)と密やかに思うのでした。き乃はち氏のCD''粋''にある''浮世音''そんな情景の浮かぶ曲・・氏は何を想い音をなぞられましたか・・・。

2010-03-21-01.JPGのサムネール画像''籠太''のご主人真也さんからお招きをいただき、雅なお食事会を楽しんで参りました。三人だけの優雅で贅沢な桜を愛でる会。ほうれん草のふきのとう和え、じゃが芋饅頭の餡かけ(筍・海老添え)、かにご飯やホッキ貝のお吸い物など春を感じますお料理の数々に心躍る思いでした。真也さんが漆塗りの器や掛け軸、お酒の話を丁寧にして下さり楽しいひと時を過ごせました。屋根に雨がいい感じで落ちる中、薄桃色に咲く桜を愛でる優雅なお時間を演出して下さいました真也さんに御礼申し上げます・・。

 

 

 

2010-02-28-06.JPGのサムネール画像''喋喋喃喃'' 男女がうちとけて小声で楽し気に話すようすを言うそうです。時々お食事処やカフェバーなどでカウンターに隣同士に掛けその時を楽しく過ごされる男女をお見かけいたしますと、それが年上の感じの方達でも可愛らしく思えてしまいます。私も想いを寄せる方とは、カウンターで隣どうしがいいかも・・などと思いを巡らせながら眺めております。''喋喋喃喃''という久しぶりに五感で感じられます小説に出逢いました。読み進むうちに、以前よく出かけておりました谷中や根津の辺り独特の匂いや夕方の日の落ち方がつい懐かしくなり、お茶をいただきながら近々行ってみようかしら・・と思いました。''喋喋喃喃'' 私は神楽坂辺りでうちとけてみようかしら・・^^

2010-03-15-02.JPGのサムネール画像のサムネール画像尺八と津軽三味線。古の遥か彼方から聴こえてくるような懐かしい笛の音、そこに我が鼓動のごとく掻き鳴らされる三味線の弦。二つの音はやがて一筋のうねりとなり龍の如く舞い上がっていきました。それは瞬く間の出来事で、残響の中、想い人においていかれた女のようになり揺れ揺れする心の琴線とやらを味わっておりますと・・竹のような残り香が致しました。尺八・き乃はち氏、津軽三味線・遠藤昌宏氏のお二方の音は、北山たけしさんの公演に素晴らしい''花''を添えられました。会津にあります''新宮長床''にて再びこの音に触れられます事を祈ります・・

 

2010-03-15-01.JPG

太鼓を叩かれる北山さんとのリハーサル。

 

 

 

 

 

 

 

 

  2010-03-15-03.JPG 

楽屋に わざわざおいで下さいました北山たけしさんと。歌われますそのお声は、大変に素晴らしいものでした。

2010-03-13-02.JPG「12時10分にはお食事を頂きたいのです。そしてお店を50分には出ないとなりません。」というわがままに見事に対応して下さた''ポタジエ''の皆さま。翌日に演歌歌手の北山たけしさんの公演を控えられお時間のない中、津軽三味線・遠藤昌宏氏とランチにお邪魔致しました。お電話でお願いしました通り、席に通されるやいなや前菜が運ばれ、ころ合いを見られパスタ、デザートとよい加減でサーブして下さいました。遠藤氏もそのサービスとお味には大絶賛でいらっしゃいました。「もっとせわしないかと思ったら、以外にそう感じませんでしたね。」と帰りにお話しいたしましたが、それはスタッフの皆さまの素晴らしい連携プレーのお陰さまでございました。''ポタジエ''の皆さまありがとうございました。そして遠藤昌宏さま、ごちそうさまでございました^^

2010-03-13-03.JPG

春キャベツにニンニクのかおり・・なんて美味しい

 

 

 

 

 

 

 

 

2010-03-13-04.JPGスイーツの盛り合わせ・・こちらをいただき、そのあまりの美味しさに「次回はディナーでゆっくりと。」とお約束致しました^^

2010-03-13-01.JPGいつものカフェも2Fからの見え方は普段の感じとまた違ってなかなかよいものです。夕方の春めいた日が差し込み、あわただしいさの中ひと時ゆったりと時間が流れてくれまた。もっと時間があれば・・こんな風に出来るのに・・とつい人は思ってしまい''今こ時''を味わい尽くせず、せっかくの楽しいはずの時間を台無しにしてしまいがちです。でも、丁寧に淹れていただいたお茶をゆっくりと味わい、美味しいケーキを食べ終えるころには、もう''今''が満ち足りたものになります。過ぎた時間も、先の時も''今''の重なりですものね。それを見事なまでに表される方を目の前に致しますと、単純に憧れてしまいます・・。その方には一分前の気持ちも、先を憂うこともありません。''今''に気持ちを表されます...シンプルですてき・・。でも私のブログをご覧になられたら、一言お伝えくださいな^^

2010-03-07-02.JPG「こころがコンガラガッテしまった時はピンクのデザートが効くのよ。」以前大好きな女性が教えて下さいました。それを試す時がくるなんて。一口スプーンでピンクのデザートをいただくとコンガラガッタ気持ちの束にスルリと隙間が出来、もう一口いただくとユルユルとほどけていきました。そして、そこに出てきたものは''会いたいな・・''という小さな小さなシンプルな可愛いらしい気持ちでした。私のまわりの素敵な方たちも、よくこのシンプルな可愛らしい気持ちにグルグルと沢山の気持ちの糸を巻きつけ、きゅうくつに苦しくなられます。それは疑いのきもちや、不安なきもち、恐れるきもち。そしてそれらに支配された心は本当の''こころ''とは反対の気持ちを表してしまったりするのですから厄介です。でも、ピンクでハートが満たされると、頭で考えた''心''ではなく感じたままの''こころ''が動いてくれます。そして、相手の反応を気にしたり、自分をよく見せようと思ったりせずに''こころ''のまま想いを伝えられるでしょう。''会いたいな''・・・と^^

 

2010-02-28-07.JPGのサムネール画像ひとあし早く桜を楽しませていただきました。ほんのりと桜の香を漂わせ室内にたたずむ様子の可憐なこと・・。

薄桃色は見ておりますだけで、ほっこりとした気持ちになります。丁寧に淹れていただきましたお茶とお菓子をいただきながらの鑑賞会。なんとも贅沢なひと時です。会津の桜も心待ちでございます。桜のもと''朱雀''が春爛漫の音を奏でてくださるでしょう・・^^

2010-03-08-02.JPGVОXRAYのliveプロデュースをご依頼下さった素敵な女性からこんな可愛らしいバッグをプレゼントしていただきました。ある方から「パールやホワイトが妙子さんにはいいのですよ。」とアドバイスいただいたばかりなので、ピッタリの贈り物にびっくりしてしまいました。女性はいくつになっても可愛らしいものにはうれしくなってしまいます。バック以上に嬉しかったのは添えられたお手紙です。お心の込められた直筆のお手紙には何度も読み返したくなるような温かみを感じます。ありがとうございました^^大切に致します。

2010-03-07-01.JPGのサムネール画像津軽の和楽器ユニット''朱雀''

  会津にて春爛漫の音を奏でる。

とき 2010年4月25日(日)

    6時開演(5時30分会場)

ところ レストラン&バー Beans

            会津若松市栄町2-25

            tel 0242- 28-   5077

おだい 4500円(1ドリンク)

    6500円(お食事)

お問い合わせ・お申込み

会洲一蔵(瑞祥館)   tel 0242-22-2678        vida en armonia   tel 0241-23-3839

 

  お席に限りが御座いますので、お申込みはお早めにどうぞ。

 

 

 

2010-02-28-08.JPGのサムネール画像私がよくいただく遅めのランチは伊勢丹にありますチャヤの''テンぺバーガー''と穀物コーヒー。ランチをとり損ねた時にピッタリのひと品でなかなかのボリュームなのです^^通常は丸ごとサーブされるのですが、私はいつも食べやすいように4つにカットしていただいております。スタッフの方たちも時々お遊びでこんな風に串をつけてくださったりするのがうれしいお心遣いです。天然酵母のしっかりとしたパンに大豆の発酵食品のテンぺや新鮮なお野菜がとてもヘルシー・・・時々ショッピングにいらしたモデルさんなどが召し上がっていらっしゃるのをお見かけいたします。

まねをして家でも時々作るのですが、やはりチャヤのこのお味はなかなか出せません^^

 

2010-02-28-05.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像薄桃色の桜のような花や赤い実、のびやかなグリーンが描かれた大好きな器。その愛にあふれるようすは自然界を祝福するシンフォニーのようで、どこかマチスの''生きるよろこび''をイメージさせます。先日ある女性が''心惹かれる方に出逢えたらその方のまわりの全てに感謝しなくてはね、だってそれら全てがその方をつくりだしているのだから・・''と言われ、なぜだか涙がこぼれてしまいました。そうそう、そんなにシンプルで素敵なことを時々忘れてしまっては頭でどうにかしようと試みたりするのですよね・・。このお皿に描かれた薄桃色の小さな花を見た時、温かななにかに満たされました。それはただ素直に心が感じただけのことです。きっとひとに対しても同じでいいのでしょう。もっと大らかにもっと本当の心のままに・・。''ピタゴラス''と名のついたエルメスの器。それは全ての美しいものを分かち合える歓びのメッセージに満ち満ちています^^

2010-02-28-02.JPGのサムネール画像のサムネール画像''和光のまえで''そう待ち合わせの場所をおっしゃった女性は、ルーズに上げたヘアにピンヒール。そして透けた黒の手袋から覗くネイルと指輪の赤は外国の女優さんのようで私の目はくぎ付けでした。ファンデーションも塗っていらっしゃらないというお顔は艶と張りがおありになり本当に綺麗です。60歳を過ぎてもこんなにチャーミングでいられるなんて・・なんて素敵でしょう。その秘密は''腸''にありました。今、全ての体の不調は''腸''の状態が良くなれば改善されると言われるようになりました。シンプルなお食事を心がけていても体には日々有害物質が入ってしまいますね。それをデトックス出来る''ゼオライト''(出雲産天然ゼオライト)と腸内環境を良くする''アマミ''(大豆を発酵させた乳細菌マイクロ熟成エキス)というものがあるそうです。体から不要なものを出し、必要なものを入れる。単純ですが理に適ったお話に、私たちは日頃いかに良いものを取り入れるか・・ということに一生懸命になりがちで、余分なものを出す・・ということになかなか気がまわらないことに改めて気付かされました。私もチャーミングでエネルギーに満ち溢れた60代を目指し''ゼオライト''''アマミ''を試してみようかしら・・^^

 商品はこちらでお取り扱いがあります。

(株)エングループ  www.engroup.jp

 

Archives