[Archive] February 2010

2010-02-28-03.JPGのサムネール画像ドレスのようなシルクのランジェリー。うっとりするほど綺麗・・・。コットンやシルクが肌に良いのは周知の通りですが、なかなか素敵なデザインに出会えないものです。日々のお食事をシンプルなものにしていきますと細胞の一つ一つが確実に変わります。そうすると肌も変わり、それまでよりもより自然のものを心地よく感じるようになります。そう、肌に直接触れるランジェリーもコットンやシルク、リネンなどが肌の呼吸が楽に感じられるようになるのです。私が小さいころは周りの女性はコットンやシルクの素敵なランジェリーを身につけていてそれに憧れたものです。今はコットンやシルク100%のものは本当に少ないのですが・・見つけてしまいました・・^^

2010-02-24-01.JPG桃のお節句の会を``会津の愉快な仲間たち``で致しました。父の友人のご子息のフレンチレストランでお雛様コースにしていただきました。ご一緒した女の子が私の長年の夢を叶えて下さりタラコのパスタをいただくことも出来大満足^^(このパスタは前のお店の時にいつもいただいており、またいつかシェフのこのパスタをいただきたいと心密かに願っていたのです。)男性から桃色のおちょことお花をいただき着物でおめかしして楽しいお食事会となりました・・。

 

 

 

2010-02-24-02.JPGいただいたきました''おちょこ''と箸置きにとお花屋さんの女の子がお持ちくださった''桃の花''

 

 

 

 

 

 

 

2010-02-24-05.JPGお食後のデザートにはいちごのモンブランとチョコレートアイス・・真っ赤ないちごのハートが乙女心に届きました^^

2010-02-23-01.JPGのサムネール画像今日は私の五感の全てが''美''なるものを感じさせていただける貴重なお時間をいただきました。''渋川問屋''の社長渋川恵男氏自らひと間ごとご丁寧にご案内下さり、そこでお聞かせ頂いた色々なエピソードはその空間から、今まさに時空を越え蘇ってくるかのようでした。友人のフォトグラファーFlavioさんが三島由紀夫の世界をご自身の写真で表現したいとおっしゃられ、それには''渋川問屋''の重厚な歴史の中にある洗練美が・・と思いその旨をお伝えしましたら、三島さんが命名されたというお部屋をご案内頂き驚きました。2010-02-23-06.JPG

大好きな藤田画伯の絵の前で珈琲を頂きながら渋川氏と''美''についての談義は大変に楽しいものでした。人は見たもの触れたもの、自分の五感が感じたものしか表すことは出来ないと言います。渋川氏に感じさせて頂きました''洗練美''は''渋川問屋''の全てから成されたものだと思います。至福のお時間を頂戴致しました。

Photo08.jpgのサムネール画像お友達になりましたイタリアのフォトグラファーFlavioさんにプレゼントしていただいたユリの花のお写真・・香り立つような瑞々しい姿には見惚れてしまいます。そのものが持つ''美''の瞬間を見せられると心がドキリ・・と致します。ため息が出るほどに美しい。彼は日本文学にもお詳しく、川端康成・三島由紀夫などの作品から感じる''美''であるところの色気を表現したいとおっしゃいます。(その撮影場所にピッタリでは?と思う所へ明日伺います・・)

この夏には津軽三味線・遠藤昌宏氏や''朱雀''のお写真もお撮りいただけるのでとても楽しみなのです。彼らの音の世界をどう表現されるのか・・。一瞬にして消えゆく放たれし音。その瞬間を刀を振り下ろすかのように切り取られるのでしょう。凄いことになりそうです。

2010-02-22-02.JPGのサムネール画像クッキングクラスの後、生徒さんと''お雛さま展''や''源氏物語・王朝継ぎ紙展''などを見てまわり、一息ついてお茶をいただきに参りました。色々とお話が弾み気がつくといいお時間に・・。でも、少しずつ春に近づくこの季節の夕暮れはとてもきれいで嬉しくなります。お月さまを眺めながら家路をたどりました。

2010-02-20-01.JPGのサムネール画像綺麗な和菓子をいただきました。お雛さまとお内裏さまのよう・・。薄いやわらかな色が春を感じさせてくれます。来週は''会津の愉快な仲間たち''の皆さまと桃の節句のお食事会です^^会津のフレンチレストランで桃の節句にピッタリな素敵なディナーをお願いいたしました。お店を新しくされてからまだお邪魔したことがありませんでしたので、とても楽しみです。女の子はみんなお着物です^^

2010-02-19-01.JPGのサムネール画像 VOⅩRAYlove live の反響は予想以上でした。嬉しい限りでございます。メンバーの方々も、会津の皆さまのノリの良さに大変喜ばれ早くも次回liveについて構想中・・また会津の皆さまと早くご一緒したいとおっしゃっています^^ 次回は馬刺しご用意でお待ち申し上げる心持ちでございます^^(会津の馬刺しは最高らしいです) 都内はモチロン、京都祇園祭りではいつも演奏されるとのこと。祇園祭りのころはいつも京都におりますのに知りませんでした。さしあたりり六本木liveにはお邪魔してみようかしら・・^^

2010-02-19-02.JPG

liveの余韻にひたりつつ美味なるランチを・・。

2010-12-14-01.JPGvoxray のバレンタインlove live 終演後メンバーの皆さま・ビーンズの皆さまと・・^^

2月14日(日)会津のレストラン&バーbeansがvoxrayのsweet voice で満たされました。voxrayの皆さまのピュアな輝きを持つお声は愛に満ち溢れておりました・・。それは心地よい響きをもつハーモニーで真っすぐに私たちの心に届けられました。(私のお隣りで涙されるかたも・・)

このイベントをプロデュースさせて頂き大変に幸せでした・・^^皆さまに感謝いたします。

 

 

2010-02-14-06.JPGのサムネール画像voxrayの皆さまは演奏が素晴らしいだけでなくお客さまにも大変心を配られ・・遠方からファンの方達がおいでになられましたのも、よく分かりました。

 

 

 

 

 

 

 

2010-02-14-03.JPGのサムネール画像

メンバーの方へのバレンタインチョコ。(特注です^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2010-02-13-01.JPGはじめてバレンタインチョコをつくりました・・。

いつもまわりの女の子たちが手作りで・・などと可愛らしくする中、ブランド物のチョコに頼っていた私です・・^^

ビターなチョコにリキュールを入れたトリュフとミルクとキャラメルのミニケーキのチョココーティング・・(お味見しましたら美味しかったです。)作り終える頃は部屋中がチョコレートの甘い香りでした・・なるほどこの高揚感が手作りの楽しさなのですね^^

とろけるチョコはloveそのものかも・・

 

 

 

2010-02-13-04.JPG 

2010-02-11-03.JPG2月14日バレンタインの日にあるvoxrayのlove live・・そのミーティングに小雪の舞う中taro cafe へ・・。車の中でもvoxrayの甘いヴォーカルを聴きながら、そしたらtommyさんよりお電話が入りご一緒していた方の目がハートマークに・・^^(彼女はtommyさんの大ファンなのです・・)どんなに素敵なお声なのかとお話なさるご様子は少女のようで可愛らしいかぎりです。当日はご本人を目の前にどんなになってしまわれるのかしら^^

バレンタインの夜にvoxrayのスウィートヴォイス・・みなさまがLoveに満たされますように・・。

2010-02-10-01.JPGずいぶん前にふと足を運んだギャラリーで求めたおひなさま。薄桃色のお召し物がやさしいお顔にとても合い気に入りました。作家ものなので当時どのような方がお作りになられたのかと思いめぐらせたものです。このお雛さまを眺めておりますと女性としてかくありたいと思います。甘やかな桃のように・・。

仲良しの女の子達と''お雛さまの会''をいたします。気のきいたフレンチのレストランで桃の節句をテーマにしたお料理をいただくつもりです。

''華''とは、その人から漂う''幸せ感''と言われたことがありました。そんな華を持ち花の咲いたよに微笑んで日々送りたいものです。

2009-02-22-06.JPGのサムネール画像恋はみじかい 夢のようなものだけど

女心は 夢をみるのが好きなの

夢のくちづけ 夢の涙

喜びも悲しみも みんな夢の中

 

 kuranosuke. H 「みんな夢の中」

 

家の梅が咲きました。白い花からこぼれる芳香は儚げな夢のつづきのよう。

 

2010-02-08-01.JPGのサムネール画像のサムネール画像週のはじめに素敵なランチタイムをご一緒させていただいました。バレンタインの日にありますVОⅩRAYのlove live のときにメンバーにお渡しするチョコレートの打ち合わせを致しました。この御菓子屋さんのオーナー婦人はとても素敵な方で、いつもお会いすると楽しいおしゃべりに時間を忘れてしまいます。そして花が咲くようなチャーミングな笑顔は本当に可愛らしいく感じます。春らしい色のデザートを前にワクワクするようなお話・・^^またお会いできるのが楽しみです。

お土産にいただきました新作のチョコはご子息のデザインだそうでとても美味しくいただきました。

2010-020701.JPG子供のころ楽しい時間とのお別れのときに、ペコちゃんのキャンディ―やチョコレートを買って貰ったものです。それは可愛らしい缶に入ったキャンディ-だったり、傘の形をしたチョコレートでした。キャンディーは楽しく過ごした甘やかな時間をゆっくりと蘇らせるようで、一粒なめてはその記憶をたどったものです。

今朝、楽しい時間の終りにペコちゃんの缶入りキャンディーを買っていただきました。一粒なめたら甘やかな記憶が感じられるかしら・・。

2010-02-03-01.JPGこの季節になりますといつもヒアシンスの花を飾ります。ヒアシンスは薄桃色も薄紫色も綺麗ですが、私は決まって白を選びます。

白いヒアシンスはとてもelegantだと思うのです。何か凛とした佇まいをみせるその様子は古き良き日本の女性のようで憧れすら感じます。うっすらと香るのもまた奥ゆかしくて好ましいものです。

この香りを嗅ぐといつもマリア・カラスを聴きたくなるのはなぜでしょう・・。

2010-02-02-01.JPGのサムネール画像のサムネール画像ポッテリとしたガラスの瓶が好きです。

多分これは祖母の影響なのです。祖母の鏡台には厚めのガラスで出来た香水瓶がいくつも並んでいて、そこに陽が差し込むとキラキラととても綺麗だと子供心にも思ったものでしたから・・。使い終わった香水瓶を貰っては大切にしておりました。祖母の小さな部屋には沢山の憧れがありました。綺麗な舶来物の化粧品、大切に仕舞われた着物、使い込まれた英和辞典、そして官能的な甘さのチョコレート・・。

私の中にある感性というものは、その部屋に育まれたところが大きいようです。本当に好きなものは、案外幼い頃の記憶の中にあったりするものだと思います。

Archives