[Archive] June 2009

2009-06-25.JPG

  ''安気''というものを感じさせていただける所があります。来る4日に「夜会」をさせていただきます清林寺さん。

演奏会の打ち合わせと称し度々お伺いしては、佳きお時間をいただいております。いつお邪魔しましても心から迎えて下さるので、こちらも本当に安心致します。そしてお話中の笑いが絶えませんこと・・。先日もお話を進める中、ご住職が「私はね、見られませんけれどね。」とお子様のように残念がられるのが可笑しく奥様方と大笑いでした。「夜会」に向け多大なお力添えを下さる肝心のご住職が会の当日は他用でご出張なのです。なんとなんと・・。当日の演奏家・遠藤昌宏氏に惚れ込まれただけに本当に残念そうです・・が皆さまと堪能させていただくと致します。

 

清林寺の皆さまとご一緒させていただきますと、本当のおもてなしとはお相手に心安らかでいていただけるよう心を遣うことではないかしらと感じます。私も「夜会」にてかくありたいと思うのでした。

アスパラのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像涼しげな一皿が涼をはこびます。

きれいなグリーンのアスパラを炭火で焼いてレモンをふりかけいただく事の美味しいこと。すっかりお気に入りの''炭火焼きのお店''

「暑い暑い」と汗をかきながら新鮮なお野菜を炭火で焙り、良い感じに火が通るまでお話は尽きません。目に映るもの、耳に届くもの、感じる様々なものを同じように感じられる・・・実にしあわせな事です。その日耳にしたお囃子の音がグルグル頭に響くものですから、ついには鼻歌で調子ずく始末・・・。

佳き宴でございました^^

 

2009-06-24-01.JPGのサムネール画像空がこんな色に染まる、夜になりかけの時間が好きです。道行く人も甘やかな香りを纏い、それまでの時間から夜の時間に緩やかに移り行くよう・・・。

待ち合わせの時間まで本屋さんでぶらりと過ごしたり、なんとなくコンビニに入ってしまうような余裕のある感じが嬉しかったりするのです。心なしかお店の中のお客様方も、ゆったりとお酒なんかを選んでいらしていい感じですし・・そんな雰囲気の中におりますと、この後の時間がとっても素敵に思えてきます。こだわりのオレンジジュースなどという物を見つけては手にし、綺麗なパッケージの小さなお酒を見つけてはかごに入れ・・コンビニというところは不思議な購買意欲をかきたてられるところだわ、などと思いながら表に出ると、もやっとする夏の空気。その空気とともに夜の時間へ・・・。

 

 

 

 

 

エーゲ海色の指輪初めて目にするエーゲ海色・・。

尊敬してやまない人生の大先輩が遠い国から運んできて下さいました。名のあるホテルで求められましたのにキッチュな箱に入れられて笑ってしまわれたそうです・・。などとブログにアップいたしますと、きっと彼のチェックが入るのです。今日も久しぶりに話しましたのに随分と私のことに詳しいものだわと、訝しげに尋ねましたら「ブログにあったよね。」とさらりと言うのです。なんとお恥ずかしい・・と思いきや「妙子が見てみてって言うから。」・・そうでございました。思いのほか沢山の方にご覧いただいていますこと時々忘れてしまいますが、大変嬉しく思っております。そしてその彼が「すごいよね、いつも感動することに囲まれているってことだものね。」と言ってくれましたように心動かされる人や物に出会えて幸せだと思います。我父さえも「妙子さん」と呼んでいますのに「妙子」呼ばわりします彼は、大切な従兄弟にございます。きっといつもどこかで私を気にかけてくれているのだとありがたく思います。・・・だから私が心震えた篠笛とお三味線の演奏会もご一緒しましょうね。モチロン「籠太」さんのお食事つきで・・・^^

白い芍薬のサムネール画像 真っ白な芍薬をいただきました。

以前私が「芍薬の花がすき・・。」と言ったのを覚えていらして一足遅いバースデイにと下さったのです。つぼみの時はまるでもう開くことのないようなそぶりでしたのに、あれよあれよという間に大輪の花を咲かせました。時間に追われる日々のおわりに目にするものが、うつくしいもので幸せです。

 

私のまわりにはうつくしいものを求める素敵な方ばかりで、和歌を教えて下さったり、薔薇のお酒を作って下さったり、一日の終わりに 月夜の映像をメールして下さったりと心を満たしていただいております。

ピンク色の芍薬よりもさらに''和''を感じさせる高貴な香り・・そんな中、篠笛とお三味線の調べを聴きながら今日という佳き日をおわりにいたしましょう・・・。

2009-06-02-03.JPGのサムネール画像                「夜会  祈りのとき」

 

             夏の宵に篠笛が響き三味線が鳴る

      重なり合う音は、天に流れる風となり いにしえの道へといざなう

            

      篠笛・工藤雄一氏、津軽三味線・遠藤昌宏氏の奏でる祈りの世界を

            清林寺・本堂にてご堪能頂きたく存じます。

 

    とき  2009年7月4日(土)  18時30分開演 (18時会場)

   ところ  清林寺・本堂

        会津若松市馬場本町三番一号 tel 0242-22-6654

          おだい  四千円 1ドリンク付き

        六千円 演奏後、演奏者と「籠太」のお食事をご一緒に頂きます。

 

   お申し込み・お問い合わせ

         会州一蔵(瑞祥館)  tel 0242-22-2678

                              Vida en armonia        tel 0241-23-3839

 

      お席が埋まり次第締め切らせて頂きますので、お申し込みはお早めにどうぞ。

 

 

 

 

ばらの花が咲いたのサムネール画像 香りのする花が好きです。

去年、仲良しの女の子のママさんから譲り受けた薔薇の花がよい香りを沢山振り撒きながら咲きました。ものすごいどしゃ降りの中、友人の車で大切に大切に運んだ薔薇です。確かに、いただいた時に付けていた最後の花はサーモンピンクのような色だったのです。不思議なことに薄桃色になった私の薔薇。   薔薇酒というものをいただいたことがあります。ほんのりと高貴な香りのする贅沢なお酒でした。何かの本に薔薇酒の作り方が書かれていました。花びらを1枚1枚集めて・・・ と時間がたっぷりと必要そうな優雅なその工程には、ゆったりと流れる時が感じられました。憧れはするものの、まだそのような流れの時間には合わせられなそうな今の自分ですから、出来た薔薇酒をいただくことといたしましょう・・。知人のご主人のバーならいただけるかしら。

 

 

Archives